トップページ > お悩み別メニュー

しみ そばかす

1)老人性色素斑

輪郭がはっきりとした色素斑で老人性色素斑と言われますが、20代でもできることがあります。原因の多くは長期の紫外線の影響と思われます。Qスイッチルビーレーザーがとても有効で、ほとんどは1回の治療で除去することが可能です。光治療でも完全とまでは言えませんが、かなりしみは薄くなります。

2)そばかす(雀卵斑)

学童期に発症し、1~数mm大のしみが両頬・下眼瞼~鼻根部にパラパラと多発する疾患です。明確な遺伝形式は明らかではありませんが、家族内発症が多くみられます。治療はQスイッチルビーレーザーや光治療によく反応しますが、長期的には再発を避けることが難しいです。日焼けにより悪化するため、紫外線対策がとても大切です。

3)肝斑

30~40代に多く見られるシミで、頬、額、口の周りに左右対称に現れます。原因ははっきりとしていませんが、女性ホルモンの影響、洗顔や化粧品などによる刺激、紫外線など様々な原因があると言われています。また、慢性の過刺激性炎症後色素沈着との考え方もあるため、治療を行う上ではなるべく刺激を与えないことに注意しています。

4)後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

思春期以降に初発するしみで、多くは両側対称性にみられます。これは「あざ」の一種で真皮にメラニンを作る細胞が増えているものです。見た目が肝斑に似ているため注意が必要です。というのもADMと肝斑では治療が全く異なるからです。ADMの治療はQスイッチルビーレーザーが非常に有効です。ADM患者の多くは自分の症状を「しみ」と認識していることから、まずは正確にしみの種類を診断することがとても重要なのです。

5)炎症後色素沈着(PIH)

これは一過性の色素沈着で、外傷・熱傷・レーザー後などの傷が治ったあとや、皮膚の炎症が治癒したあとに生じる褐色斑です。何も治療を行わなくても自然治癒します。その期間は顔で3~6カ月、体・上肢で1~2年、下肢では2~3年ほどになります。

当院での治療
  • ・Qスイッチルビーレーザー
  • ・光治療(フォトRF)
  • ・イオン導入 超音波導入(トラネキサム酸 ビタミンC ビタミンAなど)
  • ・ケミカルピーリング
  • ・ゼオスキンヘルス
  • ・ハイドロキノン、トレチノイン外用
  • ・ビタミンC誘導体外用
  • ・トラネキサム酸配合化粧品 など
  • > ナビジョン公式ホームページ

にきび痕 瘢痕 毛穴の開き 小じわ

治 療
  • ・マッサージピールNEW!!
  • ・CO2フラクショナルレーザー
  • ・光治療(フォトRF)
  • ・ゼオスキンヘルス
  • ・ケミカルピーリング
  • ・イオン導入 超音波導入(トラネキサム酸 ビタミンC ビタミンAなど)
  • ・ハイドロキノン、トレチノイン外用 など

にきび

にきびは皮脂が多く、毛穴が塞がることで面皰(白にきび)ができて発症します。これがにきびの初期病変であり、これに常在菌であるにきび菌が増えて加わることで活動性のにきび(赤にきび)になるのです。にきびがどの状態かで治療は異なってきますので、おひとりおひとりに応じた治療を計画していきます。

保険治療
  • ・ディフェリン・ベピオ・デュアックなど外用
  • ・抗生物質の内服、外用
  • ・ビタミン剤の内服
  • ・漢方薬の内服
  • ・イオウカンフルローション外用
  • ・面皰(にきびの内容物)圧出 など
自費治療
  • ・ケミカルピーリング
  • ・イオン導入 超音波導入(トラネキサム酸 ビタミンC ビタミンAなど)
  • ・ビタミンC誘導体外用
  • ・光治療(フォトRF)
  • ・ゼオスキンヘルス など

いぼ(脂漏性角化症) ほくろ

治 療
  • ・液体窒素療法
  • ・CO2レーザー
  • ・切除 など

脱毛

ダイオードレーザーとRF(高周波)を組み合わせた機器を使用して、脱毛をおこなっております。

9:30~13:00
(月・水・金)

9:30~13:00
15:00~18:00
(月・水・金)
※火・木・土は
医療レーザー脱毛と
イオン導入のみ

お電話でのお問い合わせは

採用情報